« あゆさん | トップページ | 星旗の一族 »

2013年4月10日 (水)

年度代表馬ラブミーチャン

「第24回」とか言っているけど本当は第5回目の交流重賞「東京スプリント」は、笠松のラブミーチャンが直線で楽な手応えのまま抜け出し完勝。重賞13勝目を飾った。

Loveme1 

激しい先行争いを横目に見ながら、いつもより後ろ目の5、6番手を追走。直線で先頭に立った時は、「ちょっと早くないか?」と思わず口をついたが、1番人気のセイクリムズンが置かれ加減になったところで勝負あった。大井1200mでは、昨秋の東京盃に続いて連勝。あまりに完璧なレースぶりは、この舞台のスペシャリストになりつつかることを予感させる。

単勝690円。その配当を聞いて「えっ? そんなにつくの?」とか「買っときゃよかったなぁ」というため息混じりの声が、あちこちから漏れてきた。前走でセイクリムズンに1秒以上も離された完敗だったのから、仕方ない部分もある。だが、思い返せば昨年のNAR年度代表馬。3番人気は馬に対して失礼だったかもしれない。

ラブミーチャンは2009年にも2歳馬として史上初の年度代表馬に選ばれているが、実はこの年度代表馬のタイトル、2007年から昨年まではフリオーソとラブミーチャンしか選出されていないことをご存知だろうか。この6年間、地方競馬の看板は実質的にこの2頭が背負ってきた。フリオーソが引退したいま、ラブミーチャンにかかる期待は大きい。

その期待に応えるかのように、ラブミーチャンは2013年のダートグレードレースを最初に勝った地方所属馬となった。サマースプリントシリーズ3連覇に向け、そして残すは金沢のみとなった地方全競馬場走破に向けて、さらに自身3度目となる年度代表馬のタイトルに向けて、充実した春シーズンとなったに違いない。

それにしてもラブミーチャンが勝つと、競馬場全体が盛り上がる。金沢競馬場の関係者も、JBCでの参戦を心待ちにしていることだろう。スプリント(1400m)とレディスクラシック(1500m)の、どちらを選ぶのかについても、今から気になるところだ。

Loveme2

|

« あゆさん | トップページ | 星旗の一族 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あゆさん | トップページ | 星旗の一族 »