« 新馬が始まる | トップページ | 【訃報】エアグルーヴ »

2013年4月24日 (水)

ジェネラルコンビvsタイパラトリオ

南関東はいよいよ牡馬クラシックの開幕。突如東京を襲った春の嵐であいにくの道悪競馬だが、それでも11頭の精鋭3歳馬が顔をそろえた。

Rain_2  

この羽田盃は、ごく大まかに言えば

  ジェネラルコンビ

    vs

     タイパラトリオ(タイムパラドックス産駒トリオ)

という構図。「ジェネラル丼」で決着した京浜盃で、3、4、5着と枕を並べて討ち死にしたタイパラトリオが、ノーザンファームが誇る2強の一画を崩せるか。これがレースの焦点と言っても差し支えあるまい。

2010年生まれのタイムパラドックス産駒で馬名登録されているのは、中央地方を含めておよそ50頭。その獲得賞金ランキング上位3頭は、実は羽田盃に出走のタイパラトリオなのである。JRAサイアーランキングでは78位に低迷するタイムパラドックスが、地方では11位と躍進するゆえんがここにある。こうなったら羽田盃も勝って、さらに上位を狙いたい。

トリオの筆頭格ソルテは、重賞2勝の実績馬。今日と同じ道悪だったニューイヤーCでは、先週のクラウンCの覇者アメイジアを9馬身も千切り捨てている。

Solte  

同じく重賞2勝のインサイドザパークは、京浜盃ではトリオ最先着の3着。道悪(3,2,0,0)の数字はなんとも不気味だ。

Inside  

盛岡・南部駒賞の勝ち馬オグリタイムは、3代母にあのホワイトナルビーが登場する血統の持ち主。吉原寛人騎手は先週のクラウンCに続く重賞なるか。

Oguri  

しかし、そんなトリオを嘲笑うかのごとく、余裕の4馬身差勝利を収めたのは、ジェネラルコンビの片翼・アウトジェネラル。京浜盃2着からの逆転で見事1冠目を奪取した。

Out  

諸事情あって京浜盃は佐藤裕太騎手が手綱を取った。結果、3馬身も離された2着。御神本訓史騎手に乗り替わった今回は、京浜盃と同じ力関係と見るわけにはいかない。なにせ今年未勝利騎手からリーディング首位騎手への乗り替わりである。それは分かっていた。分かってはいたが、まさか逆に4馬身もの差をつけて勝ってしまうとまでは思わなかった。そこはかとない切なさまで覚える。

普段は調教を任されている佐藤裕太騎手にすれば、京浜盃で実戦の手綱を通じて得るところは大きかったに違いない。馬体の張り。力強い踏み込み。そして古馬のような落ち着き。今思えば、レース前の調整の段階で既に勝負は決していた。川島正行調教師は、通算5度目のダービー制覇に王手。一画崩しには成功したタイパラトリオも、次は1着が欲しい。

 

 

|

« 新馬が始まる | トップページ | 【訃報】エアグルーヴ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新馬が始まる | トップページ | 【訃報】エアグルーヴ »