« 駄文@神田岩本町 | トップページ | 吉田家@立会川 »

2013年3月27日 (水)

グラント将軍と桜

Gg  

南関東クラシックを占う京浜盃はジェネラルグラントが直線で抜け出すと、後続に3馬身差をつける圧勝。道営・サンライズカップ以来となる重賞2勝目をマークした。

レース前から「負ける気がしない」と豪語していた石崎駿騎手だが、道中はずっと「勝てる」と思って乗っていたという。よほど手応えが良かったに違いない。しかも休み明けで、「七分のデキ」だというのだから恐れ入る。

思えば、昨年のNAR2歳最優秀牡馬。カラ馬に寄られてバランスを崩しながらも2着に追い込んだ全日本2歳優駿や、JRA2歳チャンプ・ロゴタイプに先着したクローバー賞を思えば、これくらい走って当然であろう。それが2番人気。単勝330円なら、十分つけた感がある。買ってませんが…(笑)

グラント将軍(=General Grant)は、米国大統領経験者として訪日を果たした初の人物でもある。その来日を記念して、戸山学校競馬場が設置され、明治天皇行幸のもとで歓迎競馬が開催された。日米友好の嚆矢とも言われ、彼の墓所の前に広がる Sakura Park には、日本から送られた桜が花を咲かせているという。まあ、結局今日もサクラの話になってしまうんですな。

ちなみに、今日勝ったジェネラルグラントの8代母 Dawn Chorus は、一昨日にここで紹介したサクラレインボーの6代母でもある。てなわけで、今日も夜桜を眺めながらの帰宅。明日あたりから桜吹雪が舞い始めそうだ。

Sakura

|

« 駄文@神田岩本町 | トップページ | 吉田家@立会川 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 駄文@神田岩本町 | トップページ | 吉田家@立会川 »