« ダートグレードにGⅡは必要か | トップページ | まるは@船橋法典 »

2013年3月16日 (土)

開花予想

Sakura  

東京にソメイヨシノの開花が宣言された。1953年の観測開始以来、2002年の記録と並ぶ最も早い開花だという。

となれば、今日の中山フラワーカップ(GⅢ)は、サクラサクを母に持つエバーブロッサム(父ディープインパクト)で間違いあるまい   とズドンと単勝に投入。すると、戸崎圭太のムチに応えて大外を追い込んでくるではないか。

あまりに見事な展開に思わず「よっしゃー!!」と叫んだ。今夜はすき焼きだぁーっ!

そしたら写真判定の末、内で粘ったサクラプレジールにまさかのハナ負け。サクラはサクラでもこっちだったか。よく考えたら開花宣言はあくまで東京都心であって、千葉にはまだ桜前線は到達していない。戸崎に悪いことをしてしまった。

現3歳世代の牝馬限定重賞勝ち馬はサクラプレジールが7頭目となるわけだが、その7頭の父馬名と昨年のサイアーランキング順位を並べると以下のようになる。

 コレクターアイテム/ハーツクライ(9位)
 サウンドリアーナ/ケイムホーム(39位)
 ローブティサージュ/ウォーエンブレム(50位)
 クラウンロゼ/ロサード(208位)
 ウキヨノカゼ/オンファイア(80位)
 メイショウマンボ/スズカマンボ(41位)
 サクラプレジール/サクラプレジデント(51位)

ベストテン入りしているのは、アルテミスSを勝ったコレクターアイテムの父ハーツクライただ1頭。今年は牡馬も牝馬もクラシック戦線は混迷を極めているが、それは種牡馬の視点で見ても同じこと。今年のクラシックで孝行娘の出現が、いよいよ現実味を帯びてきた。

ただ、ランキング下位の種牡馬ばかりと言っても、7頭のうち5頭はサンデーサイレンス直子である。ほかにもブラックタキシード産駒のナンシーシャインがフィリーズレビューで2着したし、牡馬でもブラックタイド産駒のテイエムイナズマがデイリー杯2歳Sを勝つなど、社台スタリオン以外のサンデー系種牡馬の活躍ぶりが際立っている。産駒の数でも交配牝馬の資質でも劣るはずの彼らが、今年になって一斉に覚醒したように見えるのは、果たして偶然であろうか。この不思議を考えることこそが、血統の醍醐味に違いない。

ところで、先月8日に気象協会が発表した開花予想では、東京の開花は「3月25日」とされていた。予想より9日も早い開花に、花見やイベントの予定を立てていた人は頭を抱えていることだろう。とはいえ、気象協会に文句を言うのは筋違い。予想はあくまでも予想。対象が何であれ「予想的中」がいかに困難であるか。我々競馬ファンは、身に染みてそれを知っている。

今年と同じく3月16日に開花宣言が出た2002年の桜花賞は、13番人気のアローキャリーが制する大波乱となった。果たして今年はどうなるか。当たらないとわかっていても、桜花賞の「開花予想」に余念がない。

Kaika

|

« ダートグレードにGⅡは必要か | トップページ | まるは@船橋法典 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダートグレードにGⅡは必要か | トップページ | まるは@船橋法典 »