« アスコットの草の味 | トップページ | 国益と競馬 »

2013年2月25日 (月)

【本店へ行ってみよう②】鳥千

Torisen1  

巷で「フライドチキン」といえばケンタッキーだろうけど、東京・中山の両競馬場では『鳥千』。カリッと揚げられた大きめの骨付き肉に塩を振り、お好みでマスタードをつけて食べるスタイルには隠れたファンが多い。11種類のスパイスで強烈に味付けをされたケンタッキーのチキンに比べればモノ足りないと感じる人もいるかもしれないが、こと「鶏肉を食べている」感では『鳥千』の方が勝るという意見も聞く。

この『鳥千』の本店は、青山一丁目、赤坂、乃木坂といった駅のちょうど真ん中あたり、カンボジア大使館近くの閑静な住宅街に店を構える。そのシックな店内に競馬場のイメージを想起させるものはほとんどない。もし競馬ファンが目に留めるとしたら、壁に飾られた馬の肖像画程度であろう。

営業は競馬開催のない平日のみ。しかも昼間だけ。メニューはフライドチキンを使った定食やカレーが中心でテイクアウトもできる。ちなみに、競馬場内のお店でも自宅持ち帰り用のテイクアウトサービスがあるそうだが、これはまだやってみたことがない。

フライドチキンカレーは、クミンの芳香に炒めタマネギの甘さが際立つカレーライスに、あのフライドチキンがどっかりと乗っかって出てくる。むろん骨付き。マスタードの味付けに慣れきった舌にとって、カレーソースに浸して食べる『鳥千』のフライドチキンというのは、なかなか新鮮な出来事といえなくもない。もちろんカリッとした衣と弾力のある鶏肉の歯触りは競馬場の味そのまま。ただこうしてチキンとカレーばかり食べていると、ご飯だけが残るという惨事につながりかねないから、そこは注意が必要だ。

ちなみに、このお店から100mほどの至近にある『レストラン富士』は、私が朝のコーヒーを飲む東京競馬場6Fのレストラン『ときわ家』の本店でもある。こちらも覗いてみたいのだけど、さすがに立て続けに昼飯を食うわけにもいかないから、次の機会を待つことにしよう。

Torisen2  

 【鳥千・赤坂本店】

 東京都港区赤坂8-7-19
 03-5775-1724
 11:00〜16:00
 土日祝定休

Torisen3

|

« アスコットの草の味 | トップページ | 国益と競馬 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アスコットの草の味 | トップページ | 国益と競馬 »