« 【本店へ行ってみよう①】夢吟坊 | トップページ | ヒヤシンスSの醍醐味 »

2013年2月17日 (日)

涙と歓喜の復活劇

Feb  

「直線では多少の不利がありましたが、手応えが充分でしたので、完璧に抜け出せることができました」と騎手は笑顔でレースを振り返ったが、レースを終えた人馬を出迎えた調教助手は人目をはばかることなく泣いていた。管理する調教師の目もわずかに潤んでいる。3歳夏にGIを勝つも直後に骨折。それから1年半を経た復活劇の陰には、厩舎関係者の並々ならぬ苦労があったに違いあるまい。

グレープブランデーがフェブラリーステークスを勝った。一昨年のジャパンダートダービー以来2つ目となるGⅠ級タイトル。挫折を乗り越えてつかんだ栄光の勝利に、地下馬道には歓喜の声が鳴り響いた。

ジャパンダートダービー直後に骨折した箇所は蹄骨だったという。スパイキュールやゴーカイ、カームといった馬たちが現役引退を余儀なくされたのも蹄骨の骨折だった。「馬が蹄骨を痛めるのは一生忘れない痛み」と聞いたことがある。たとえ復帰しても骨折前の競走能力は期待できないことが多い。それを思えばグレープブランデーの勝利はまさしく快挙だ。

復帰後は、希望するレースに思うように使えないことにも苦労したようだ。帝王賞が補欠、白山大賞典でも補欠、JBCクラシックも当然補欠でしかも優先順5番目という絶望的な立場に甘んじていたのである。ちなみに優先順4番目は重賞未勝利のトリップだった。

それがダートグレードの選出基準だと言われればそうかもしれないが、仮にも3歳ダートの頂点に立った馬ではないか。「ダービー馬」に特別枠があっても良い。過去5年間のジャパンダートダービーの優勝馬のうち3頭がフェブラリーSをも制したことを考えれば、「ダービー馬」の看板を大事に扱う方がダートグレード側にとって有益であるように思える。

Jdd

|

« 【本店へ行ってみよう①】夢吟坊 | トップページ | ヒヤシンスSの醍醐味 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【本店へ行ってみよう①】夢吟坊 | トップページ | ヒヤシンスSの醍醐味 »