« 未だ木鶏たり得ず | トップページ | 【本店へ行ってみよう②】鳥千 »

2013年2月24日 (日)

アスコットの草の味

Bosra  

連勝記録の話を続ける。

上の写真の騎手が誰だかおわかりになるだろうか。パトリック・ジェームズ・ジョン・エデリー。通称「パット・エデリー」。ゴードン・リチャーズに次ぐ4632勝を挙げ、3度のダービー制覇と11度のチャンピオンジョッキーを誇る生ける伝説である。

1996年9月28日。私はそのエデリーを見るためにアスコット競馬場を訪れた。ワールドスーパージョッキーズシリーズやジャパンカップで来日することはあったけれども、それは日本で行われるメジャーリーグの試合を見るようなもの。やはり、本場英国に見に行ってこそであろう。レジェンドの手綱さばきを、この目にしっかり焼き付けておこうと遠路はるばる出かけたのである。

当日のプログラムは3鞍の重賞を含む7鞍。メインは欧州マイル戦線の総決算クイーンエリザベスⅡステークスである。エデリーは1000ギニーを勝ったボスラシャムで挑む。ライバルと目されるのはデットーリ騎乗のマークオブエスティーム。デットーリ・フリークを公言する私の妻は、競馬場に着くなりマークオブエスティームの単勝を購入した。

私も負けていられない。とりあえずエデリーの単勝をベタベタを買い漁り、さらに「まさかあるわけなけど一応記念に」とばかりに「エデリーの7連勝」の7重勝馬券も購入。万全である。

やがて第1レースがスタート。1992年にはオペラハウスも勝っているGⅢ・カンバーランドロッジSを制したのは、ミスタープロスペクター産駒のウオールストリートであった。勝利騎手はデットーリ。

続く2レースはGⅡの6ハロン戦。勝ったのはヌレエフ産駒のディフィデント。勝利騎手はデットーリ。

メインのクイーンエリザベスⅡSは、マークオブエスティームが「空を飛んだかのような」(by合田直弘氏)末脚を繰り出して優勝。優勝騎手はデットーリ。うちの奥さんは単勝的中である。配当は3倍くらいだったか。その場はひとしきり喜んだ。よかった。これで今夜の夕食は少しぜいたくできる。ボスラシャムは悔しい2着。

4レースは26頭立てのハンデ戦。大混戦を制したのはウォーニング産駒のデコレイティドヒーロー。勝利騎手はデットーリ。

それにしてもエデリーが勝たん。いったいにどうしたことか。ボスラシャムは負けちゃったけど、ひとつくらいは勝ってくれるよなぁ……。

5レースのリステッドを勝ったのはプライヴェートアカウント産駒のフェイトフリー。勝利騎手はデットーリ。いよいよこの後に及んで、周囲もざわつき始める。ひょっとしてデットーリが全部勝っちゃうんじゃないか? いやぁ、まさかぁ?

6レースは2歳馬による6ハロン戦。勝ったのは名牝ロックソングの妹で、自身も1998年のナンソープSを勝つことになるロックエンジェル。なんとなんと、これもデットーリの手綱である。1日全勝の大記録に向け、いよいよ残すは最終レースのみとなった。

デットーリが手綱を取るフジヤマクレストは1番人気。こうなりゃ、みんなデットーリに乗るしかないのであろう。とはいえ18頭立てのハンデ戦。平穏に収まる条件ではない。ところがなんと、ゴール寸前までもつれ込む大接戦の末、あろうことかフジヤマクレストが勝ってしまった。英国競馬史上初となる1日7勝 "The Magnificent Seven" 達成の瞬間である。

世紀の連勝記録を目撃した私も歓喜に震えた。……が、ほどなくして何かに思い当たった。

妻は「デットーリのファンだから」という理由で、「3レースのデットーリ」の単勝馬券だけを勝った。

一方の私は「エデリーを見に来たのだから」という理由で、「エデリーの7連勝」の7重勝馬券を勝った。

……もうちょっとだけ考えれば、「デットーリの7連勝」という7重勝馬券が買えたんじゃなかろうか?

そう思った瞬間、私はにわかに怖くなってきた。何かがおかしい。やってはいけない致命的なことをやってしまったような、そんなイヤな予感が喉の奥からせり上がってくる。不意に、7重勝の配当を映し出している大型スクリーンが目に入ってしまった。その額なんと50万ポンド! 邦貨にして8800万円である。

私はアスコットのターフに突っ伏して泣いた。世紀の連勝記録を見れただけでもヨシとすべきなのだろう。だが、そう割り切れぬところが、私のダメなところでもある。以来、私はデットーリを見ると、泣き腫らしながら囓ったアスコットの草の味を思い出す。あれは苦かった。

 

【デットーリ騎手・1日7勝(全勝)のレースと勝ち馬】

1R THE CUMBERLAND LODGE STAKES 2400m Group3
  WALL STREET (by Mr Prospector)

2R THE RACAL DIADEM STAKES 1200m Group2
  DIFFIDENT (by Nureyev)

3R THE QUEEN ELIZABETH Ⅱ STAKES 1600m Group1
  MARK OF ESTEEM (by Darshaan)

4R THE TOTE FESTIVAL HANDICAP 1400m
  DECORATED HERO (by Waning)

5R THE ROSEMARY RATED STAKES 1600m Listed
  FATEFULLY (by Private Account)

6R THE BLUE SEAL CONDITIONS STAKES 1200m
  LOCHANGEL (by Night Shift)

7R THE GORDON CARTER STAKES 3200m
  FUJIYAMA CREST (by Roi Danzig)

Dettori 

|

« 未だ木鶏たり得ず | トップページ | 【本店へ行ってみよう②】鳥千 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 未だ木鶏たり得ず | トップページ | 【本店へ行ってみよう②】鳥千 »