« 夜汽車に乗って | トップページ | 吉田屋@府中 »

2013年1月31日 (木)

うどんの違い

Nakayama  

「同じ店なのに、中山と東京とで食堂の味が違う」と書いた先日の記事に対して、「そんなことはないはず」「気のせいでは?」というご指摘をいただいたので、今日はその話を蒸し返すことにする。

上の写真は中山競馬場『梅屋』のかけうどん。あまり頼まないメニューなのだけど、分かり易くするために敢えて“かけ”にした。

そして下の写真が東京競馬場『梅屋』のうどんである。

Fuchu_2  

写真では分かりにくいかもしれないが、麺の太さがはっきり違う。中山の麺は幅4ミリ、厚さ3ミリ程度のやや平打ちの中太麺。対して東京のそれは1辺が6ミリはあろうかという正方形の太麺である。すなわち、使っている麺からして違うのだから「味が違う」のは明白であろう。ちなみにダシの味についても東京の方がやや濃い目のように感じられるのだが、同時に食べ比べるのが困難であるゆえ、筆者の錯覚である可能性も否定しない。

あまりに気になったので店のオバちゃんに直接聞いてみた。

「こちらは中山の(東京の)梅屋さんと同じ店ですよね?」

「はい、そうですよ」

「なるほど。なのに、どうして使っている麺が違うのですか?」

「えっ? そうなんですか? いや、まったく同じだと思うんですけど……」

なんと、中山でも東京でも同じ答えが返ってきたのである。麺の違いを意識していないとなれば、ダシについても同じであろう。それにしても、いったいなぜこうも違うのであろうか? 謎は深まる。

ひょっとしたら、中山界隈では近隣の成田発祥「成富うどん」に倣ってパスタのように細目でつるりとした平打ち麺が当たり前で、「武蔵野うどん」に代表される東京多摩地域の府中では太く硬い麺がやはり当たり前なのかもしれない。地元採用が多いであろうお店のオバちゃんたちも「うどんと言えばこの麺が当たり前」と思っているのだとしたら、中山と東京とで使っている麺が違うことを意識することもなかろう。

『梅屋』においては、たっぷりの豚肉をトッピングした「肉うどん」を定番メニューとする私にしてみれば、「肉汁うどん」の異名を持つ「武蔵野うどん」風の太麺の方が好み。だが、もちろんこれは個人の好みの問題である。

ところで、東京近辺ではちょっとした武蔵野うどんのブームメントが起きつつある昨今であるが、府中駅前にはそんなブームの以前から暖簾を掲げ続ける武蔵野うどんの専門店がある。

その名も『武蔵野うどん』。

やや褐色かかった太麺はエッジもきりりと美しく、軽く噛めばクンと押し返してくるコシの強さを誇り、しかもその喉越しは快感至極。豚肉の旨味が十分に溶け出たつけ汁を絡ませて、ぞぞぞぞーっ!と一気に啜りたい。無骨と言えば無骨。だけど美味いのだから文句はあるまい。

年中無休。しかも昼から通し営業というスタイルは、競馬ファンにもありがたい存在である。京王線を利用して東京競馬場に向かう際は、府中駅から競馬場まで歩くことと引き換えにしても、ついつい立ち寄ってしまう一軒だ。

Musashi

|

« 夜汽車に乗って | トップページ | 吉田屋@府中 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

中山は乾麺を茹でたような食感で東京は袋入りの茹で麺に似てますよね。私も東京の方が好きです。

投稿: 馬基地 | 2013年2月14日 (木) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜汽車に乗って | トップページ | 吉田屋@府中 »