« 普段と変わらぬ最終日 | トップページ | 大井の素晴らしさ »

2012年12月28日 (金)

いろり家@東銀座

Hokke

 

ここに記載している店は、今のところいわゆる「大衆食堂」に偏っているので、どうしても店の雰囲気や安さ優先で、味は二の次ということになりやすい。店には失礼だが、わざわざ足を運ぶ価値もないと思う。だけど、今日紹介する東銀座『いろり家』は、過去に紹介した店とは一線を画する。いわゆる大衆食堂ではない。しかし、味も価格もホスピタリティも問題なし。むろん昼飯時には行列も覚悟しなければならない。

店のイチオシは脂乗りがよく、身が厚いことで知られる「小名浜伴助」の干物。炭火でじっくりと焼かれたホッケやサバは、箸をつけると脂がじわりと滲み出て、ふんわり柔らかな食感に旨味が凝縮されている。今日は12時半に店の暖簾をくぐったのに、人気のサバの干物は既に品切れであった。ゆえに写真はホッケである。

民宿の朝食のイメージが強いせいか、干物と聞くと安っぽいイメージを抱かれる方もいるようなのだが、それは本物の干物を知らぬからであろう。北大路魯山人をして「干ものの美味いのに当たったよろこびは格別である」(「魯山人味道」)と言わしめるほど。とにかく、美味い干物は手間がかかる。

加えてこの店の豚汁は最高に美味い。全日本2歳優駿の夜に川崎で豚汁を食べたといったが、味においても価格(昼のみ100円)においても、『いろり家』の方がサマリーズばりに抜けている。しかも嬉しいことにおかわり自由! これは、おかわりせぬ手はない。

東銀座から浅草線に乗って大井競馬場へ。縁のあるカットイッタウトが走る上、今年のトゥインクル開催の最終日ということで足を運んでみたのだが、あまりの寒さにスタンドから外に出られない。どうしようかと悩んだ挙句、「寒いときは豚汁」の格言(なのか?)を思い出して、Lウイング2F『松屋』で豚汁を買って食べたのだけど、なんというか…まあ…普通の味でした。最高の豚汁を食べたばかりだから、そう感じるのも仕方あるまい。カットイッタウトは2番人気に推されながらも12着に大敗。休み明けから減り続ける馬体が気になる。

Cut  

|

« 普段と変わらぬ最終日 | トップページ | 大井の素晴らしさ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 普段と変わらぬ最終日 | トップページ | 大井の素晴らしさ »