« 食堂の噂 | トップページ | 障害三昧 »

2012年11月28日 (水)

誕生日の餃子

Ohkan  

SⅢ・勝島王冠は1番人気の指示を集めた3歳馬プーラヴィーダの完勝だった。

兵庫チャンピオンシップ3着、東京ダービー2着の実績があるとはいえ、古馬一線級と初対戦となるここは試金石に違いあるまい。だが、実際のレースは実に堂々としたものだった。直線では先に抜け出し、カキツバタロイヤルの追撃を受けて立つ圧巻の競馬である。

念願のタイトル獲得に祝福の声が鳴りやまぬウイナーズサークルに、もうひとつ祝福の声が上がった。なんとカメラマンのひとりが、今日37歳の誕生日を迎えたのだという。それはめでたい。するとただちにバースデー・パーティーが企図された。JRAや香港の関係者も含めて、駆け付けた参加者は総勢9名。会場は大森駅近くの『満福』である。

中華が選ばれたのは、主役のカメラマン氏が「餃子王子」の異名を誇り、業界ではちょっと知られた人物であるためだ。本場中国では祝い事の席に餃子は欠かせない。

次から次へと餃子の大皿が運ばれてくるその様は、壮観の一言に尽きる。テンションの上がったカメラマン氏は思わず「プーラヴィーダ!(最高だ!)」と叫んだ。37歳の誕生日をこんなに楽しく過ごせる人が果たしてどれだけいるだろうか? 私個人は久しく記憶にない。大勢の参加者と、数え切れぬほどの餃子に囲まれて満足そうなカメラマン氏の表情は、当分忘れることができぬであろう。

Gyoza2

|

« 食堂の噂 | トップページ | 障害三昧 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食堂の噂 | トップページ | 障害三昧 »