トップページ | 誕生日の餃子 »

2012年11月25日 (日)

食堂の噂

Stand  

昼休みの食堂で、「岩田騎手体調不安説」がまことしやかに流れた。「馬を追うのも難儀しているらしい」というのである。

噂の出所など分からぬ。むろん信憑性など無きに等しい。だが、この手の噂は大レースになればなるほど増えるもの。不安説が出るのは有力馬たる所以だ。他にも「●●オーナーが帰りの飛行機を明日の朝の便に変更したらしいぞ」とか「×××××が今朝の飼い葉をまったく食べなかったらしい」とか、いかにもという噂が飛び交っている。今年最多となる11万7千の観衆を集めたジャパンカップだけあって、噂の飛び方も半端ではない。

それにしても気になるのは岩田騎手の調子である。言われてみれば昨日は8鞍に乗って馬券に絡むことができず、今日午前の2鞍も精彩を欠く。全国リーディング2位、今年GⅠ5勝を誇る騎手としては、確かにおかしいような気もする。

そう思いながら5レースの新馬戦を眺めてみれば、単勝1番人気に推されながらも中団からまるで動けずに7着に終わった。やはり何かしら事情があるのかもしれない。

そこで、恐る恐る岩田騎手を蹴飛ばしてみた。すると、8レースと10レースで労せずして3連単が的中するのである。さすがに9レースの490万馬券は取れなかったが、3着内率3割8分を誇る騎手を迷わず消せるというのは、馬券作戦上ラクなことこの上ない。

「これはジャパンカップも貰ったも同然ダゾ」とほくそ笑みながらパドックに降りれば、なんとジェンティルドンナの馬体重が14キロも減っているというではないか。

ガッハッハと笑ってジェンティルドンナは蹴飛ばし。それだけじゃ足りないと、勢い余ってオルフェーヴルまで消してベタベタと穴馬券を買い漁った結末が、その2頭の一騎打ちとは……。嗚呼。

件の噂の真偽は不明だが、根拠のない噂に振り回されることが、この上なくみっともないことは間違いあるまい。「流言止於知者」の故事が重くのしかかる。おのれの不甲斐なさにシクシク涙を流しつつ、来年のカレンダーの束を有り難く抱えて帰宅すれば、途方もない歳末感が押し寄せてきた。有馬記念を残すも、今年の古馬シーズンは実質的に終了。あとは余韻を楽しむばかりだ。

Jc

|

トップページ | 誕生日の餃子 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トップページ | 誕生日の餃子 »