2017年5月24日 (水)

じゃがいも三昧

ホテルウイングインターナショナル千歳内のレストラン『ゆめぜん ぽてと』には、「ぽてとのポテトフライ」という一風変わった名前のメニューがある。

Potato1_2 

ご覧の通り、その正体はごく普通の皮付きのポテトフライ。使用するのは甘みの強い北海道産のキタアカリで、包丁ではなく手で割ってから揚げるらしい。そのひと手間で味が変わるそうだ。言われてみれば、たしかに食感が違う。「カリッと感が増している」と書けば近いだろうか。

さて、ホテルを出て数分。地元住民に愛され続ける居酒屋『あし彩』が暖簾を掲げていた。

新千歳空港内に勤める友人に連れてきてもらったのは、もう20年も前の話。当時は安くて美味いのに空いてるだけの(?)、単なる穴場的一軒だった。だが、ミシュランガイド北海道版にビブグルマンで紹介されてからというもの、状況は一変。いまや、わざわざ道外から訪れる客もいる人気店である。まあ、私もその一人ではあるのだけど、それでもクオリティが大きく落ちなかったことは、せめてもの救いであろう。

店の看板メニューは、新鮮な真ツブや、白老牛のサイコロ焼きなのだが、私のお気に入りは当然コチラ。

Potato2 

「じゃが芋の乱れ揚げ」は、一口大に切ったジャガイモの素揚げに過ぎないのに、なぜかこれがことのほか美味い。その大きさに秘密があるのか、塩加減が絶妙なのか、あるいは店主が特別な訓練を施したジャガイモなのか、その辺りは謎のままだが、地元客のほとんどが注文しているところを見れば、私一人が美味い美味いと騒いでいるわけではあるまい。ジャガイモの素の味がストレートに伝わってくる逸品。ミシュランが目を付けるのも頷ける。

Menu 

帰途に新千歳空港の土産店「カルビープラス」をチラッと覗いてみたら、ポテトチップスの袋はひとつとして置かれてなかった。昨年の水害の影響で、ポテトチップス用のジャガイモは供給不足が続いている。そんな状況下でポテトフライを思う存分味わえる幸せを噛み締めたい。

そんなわけで、羽田に降り立つや大井競馬場に直行。脇目もふらずにLウイング1F『東京ロテサリー』に向かい、ポテトを注文した。

この店ではトッピングソースを選べるシステムになっているのだが、私はそれを断ることにしている。ケチャップさえ必要としない。チキンから滴り落ちた脂をたっぷりまとったジャガイモをひと口頬張れば、口の中で旨味と甘味が激しくせめぎ合う。この店のジャガイモとて、いた品薄になるか分からぬ。そう思うと、余計に美味い。

Potato3 

ところで、冒頭の「ぽてとのポテトフライ」を、同じ系列ホテルのポテトサラダウイング苫小牧でも出してもらえないだろうか。来月はそちらに泊まることが、既に決まっている。フレンチのコース料理店より、一皿のポテトフライの方が私にはずっと嬉しいのだが……。

 

***** 2017/05/24 *****

 

 

| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

初夏のストーブ

寒い寒いと騒いでいるのは東京の人間だけかと思ってたら、さすがに地元の人でも寒いと感じるようで、札幌競馬場の厩舎にはストーブが焚かれていた。

Stove 

いやあ、暖まりますねぇ……って、オイ! 真夏日の陽気に焼かれたオークスからまだ2日しか経ってないじゃないか。極端過ぎて年寄りの身体には堪える。

ともあれ札幌競馬場はHBAトレーニングセール。公開調教は昨日のうちに終わっていて、今日は1日かけてセリが行われる。スタンドのホールには即席の、しかし立派なセリ会場が設営され、セリの開始を静かに待っている。

さてこちらはホワイトハートの2015。

White1 

ホワイトハートは船橋ばかりで5勝。額のハートマークで人気を集め、2012年のホワイトデーに合わせて出走して話題にもなった。お父さんも船橋の英雄・フリオーソ。その出自を鑑みれば、船橋の関係者にぜひともお声掛け願いたい。

White0 

それにしてもセリというものは、見るほどに不思議だ。まったく手が挙がらない時間帯がしばらく続いたらと思ったら、一転して掛け声が止まらなくなったりする。上場馬の質に偏りがあるわけではない。あたかも低気圧と高気圧が交互にやってくるように、会場全体を支配する“空気感”のようなものが、落札結果を左右しているように思えてならない。人間にしてみれば単に金の問題だが、馬にとっては一生の問題でもある。誰もがモーリスになれるわけではない。

White2 

おかげさまで、ホワイトハートの2015は520万円で落札していただいた。ご購入いただいたのは岩手県馬主会様。ありがたい。ありがたいが、岩手は遠いなぁ。

……なんて思いながらパドックに出ると、船橋の某調教師にばったり遭遇。「なぜ買わない!この血統はアンタの血統だろ!」と怒鳴りたくなる気持ちをグッと堪えて、「良い馬はいますか?」とにこやかに声をかけた。どうやら、欲しい馬は後半らしく、前半は模様眺めに徹しているらしい。

つまり、そういう事情も含めて「セリ」なんですよね。208頭もいれば、つぶさに全頭見て回るのはどだい無理な話。誰もがジャガーメイルになれるわけではない。

それでふと思い立って、無理矢理時間を作ってジャガーメイルを見にノーザンホースパークに立ち寄った。滞在できる時間は15分。そんな私の事情を察してか、厩舎の窓から彼だけが顔を出してくれたのである。これが今回いちばんの奇跡に違いない。

Jagur 

今年のHBAトレーニングセールでは155頭がめでたく落札。その中から、第二のモーリスやジャガーメイルが登場することを願ってやまない。

 

***** 2017/05/23 *****

 

 

| | コメント (0)

最低気温かと思ったら

苫小牧の「13度」って、最低気温の予報かと思ったら、最高気温だった。

1495484821966 

ちなみに今の千歳は11度。今日は札幌から苫小牧の予定です。寒いよう。

 

***** 2017/05/23 05:20 by mbile *****

 

 

| | コメント (0)

«500マイルのハシゴ馬券