2017年11月23日 (木)

日なたと日陰の狭間で

昨夜来の雨がようやく上がったと思ったら、今度は一転して澄み切った青空が広がった。東京競馬場でJCの公開調教を撮影してきた連中が、空を見上げて「信じらんねぇ……」とつぶやいている。それほど府中の雨はひどかったようだ。聞けば先日の天皇賞よりも降ってたとのこと。それはひどい。

Blue 

それでも馬場状態は「不良」。コースにはあちこちに水が浮いている。浦和記念でナムラアラシの手綱を取る福永騎手も馬場状態が気になるようで、レース前に自らの足で歩いて馬場をチェック。

Yuichi 

こないだも書いたように、カメラマンは明るく晴れた方が嬉しい―――はずだが、こと浦和に限って言えば、そうとも言い切れない部分がある。

なぜか。浦和のホームストレッチの大部分はスタンドの日陰になるのだが、ゴール寸前の4~5mだけ陽光が差し込むのである。しかも、日なたと日陰の境目が、大事な大事なゴール板とちょうど重なるからさあ大変。カメラマンたちは時速60キロで走る馬を望遠レンズで追いながら、日なたと日陰とで露出を変える操作を強いられる。だが、日なたと日陰の境目では救いようがない。結果、このような悲劇が起きる。

Basara 

それにしてもマイネルバサラは強かった。4番手追走から向こう正面で動いて3角先頭。後続はなし崩しに脚を使わされた感がある。さらに今日の馬場状態もマイネルバサラに味方したか。前走の御陵Sは7番人気ながら2馬身半の圧勝。不良馬場だった。ちなみに、あの天皇賞と同じ日である。つまり不良を超える「極悪」馬場だったことを忘れていた。

それでもGⅠ馬2頭を従えての6馬身差は凄い。前走は条件戦。登録段階では補欠だった一頭である。5番人気は盲点だった。だが、「日刊競馬」の柏木集保氏は「マイネルバサラが勝つ」と宣言していたらしい。さすが編集長。こうなりゃ柏木氏のJC予想に注目せねばなるまい。

 

***** 2017/11/23 *****

 

 

| | コメント (0)

ハナ差のビリ

ポップレーベルの初めての浦和遠征はハナ差のビリでした。もちろんブービーとの着差です。

Pop 

「こんなに降ると分かっていれば(出馬)投票しなかったんです。予報が悪いんですよ」

敗戦を天気予報のせいにするのは、よくあること。調教師は負けた時の言い訳を百個用意していると言われます。上がりも馬はケロッとしてました。走ってません。船橋に戻って仕切り直しましょう。

 

***** 2017/11/23 *****

 

 

| | コメント (0)

2017年11月22日 (水)

みやげ問題の根は深い

お土産を選ぶのが苦手だ―――。

旅に出るたびにそう思う。なぜかその「旅」ばかりが続く最近はなおさら。帰途の駅で、空港の売店で、あれこれ悩んだ挙句に、なぜか的外れな一品を選んでしまう。つまりセンスがない。あとになって「ああ、やっぱりあっちのにしておけば良かった」と思う。このあたりは私の馬券にも通じているような気がしてならない。

旅に出てお土産を買うという行為自体を楽しみにしている人は多いようだ。それを私は日本という共同体のしきたりだと思っている。言い換えれば世間の義理である。楽しく旅をしている間も、あなたのことを考えていました―――という証。麗しい習慣だとは思うが、結局私はそれを放棄してしまった。競馬絡みの旅が多いので毎回期待されても困る。「あれ? 今回は買ってきてくれなかったの?」なんて言われると、かえって義理が悪い。

そも、どこまで行けば「お土産」の対象範囲になるかもはっきりしない。私は神奈川に住んでいるが、1時間半かけて中山競馬場に行ってもお土産を買う気にはならないのに、同じ時間をかけて名古屋に行った昨日は、なぜかお土産のことが気になった。これはいったいなぜか。一概に距離の問題でもないような気がする。

Sirokoi 

地方競馬のジョッキーたちの間には、他地区へ遠征に行く際、所属場の地元のお菓子を持ち寄るという風習がある。道営の騎手は「白い恋人」、岩手なら「カモメの玉子」、名古屋なら「ゆかり」といったところか。交流レース当日に大井や川崎の騎手控え室を覗くと、全国各地のお菓子が並んでいて、ちょっと騎手たちが羨ましくなる。

しかし南関東の騎手たちにとっては、良いことばかりでもないらしい。彼らが他地区に乗りに行くときも、同じように地元のお菓子を持参する。以前、川崎所属のとある騎手が門別に遠征した際に差し入れた地元のお菓子は、道営の騎手あまり人気がなく、余ってしまったのだとか。これはバツが悪い。

本人は「お土産のセンスがなくて……」と反省していた。しかし、これはセンスの問題だけではあるまい。「川崎のお菓子」という時点で、彼はかなりのハンデを背負わされている。川崎市民として彼に同情し、申し訳ない気持ちにもなる。どうせなら横浜・崎陽軒のシューマイでも持って行った方が良いですよ。

 

***** 2017/11/22 *****

 

 

| | コメント (0)

«名古屋のうどん